bosyuマガジン

連載企画

あたらしいしごとを考える

自分の「できること・やりたいこと」からどのようにしごとを発明したのか。しごとを始めたきっかけや、はじめの一歩を踏み出すヒントを、しごと先輩たちに伺うインタビュー企画です。

「ぴったりの絵本を選びます」がしごとに?自分のできることを"誰かの役に立つこと"へと発想する

「ぴったりの絵本を選びます」がしごとに?自分のできることを"誰かの役に立つこと"へと発想する

既存の仕事を掛け合わせて、”あたらしい”しごとを発想する。

既存の仕事を掛け合わせて、”あたらしい”しごとを発想する。

せっかくデザインを学んだのだから、それを仕事に活かしたい

せっかくデザインを学んだのだから、それを仕事に活かしたい

bosyuを使って、繋がりのない人からの仕事依頼にトライしてみた。

bosyuを使って、繋がりのない人からの仕事依頼にトライしてみた。

bosyuで出会ったお客さんの笑顔が、しごとへの自信につながった。

bosyuで出会ったお客さんの笑顔が、しごとへの自信につながった。

「noteの編集を手伝ってほしい」と言われたことをキッカケに、しごとを発想してみて。

「noteの編集を手伝ってほしい」と言われたことをキッカケに、しごとを発想してみて。

「アイコン作成をします」を募集したら、70人との仕事につながった。自分のできることに挑戦する。

「アイコン作成をします」を募集したら、70人との仕事につながった。自分のできることに挑戦する。

美容業界から離れても、コスメが好きなことは変わらない。だから、自分で仕事にしてみよう。

美容業界から離れても、コスメが好きなことは変わらない。だから、自分で仕事にしてみよう。

居酒屋の店長が、「スライド資料を作成します」をしごとに?自分のできることが、どう評価されるか知りたかった。

居酒屋の店長が、「スライド資料を作成します」をしごとに?自分のできることが、どう評価されるか知りたかった。

好奇心をヒントに、自分にできることを増やしていく。しごとをつくってパラレルな生き方を。

好奇心をヒントに、自分にできることを増やしていく。しごとをつくってパラレルな生き方を。

6年間美容院に勤めたスキルを無駄にしたくない。あらたな価値へと紡いでいく

6年間美容院に勤めたスキルを無駄にしたくない。あらたな価値へと紡いでいく

まわりから褒められたことを思い出そう。「自分にできること」をしごとへ変換できるチャンス

まわりから褒められたことを思い出そう。「自分にできること」をしごとへ変換できるチャンス

「ぴったりの絵本を選びます」がしごとに?自分のできることを"誰かの役に立つこと"へと発想する

「ぴったりの絵本を選びます」がしごとに?自分のできることを"誰かの役に立つこと"へと発想する